子育てを想定して小児科に移る

 どのような目標を持って看護師として働いていこうと考えてきた人であっても、結婚すると家庭に目を向けるようになりやすい。特に女性の場合にはこれから出産して子供を生み、子育ての中心となっていくことを頭に浮かべることは多いだろう。親になるという感覚が生まれて、子育てに対する意識が高まるのは当然である。その結果として、看護師の仕事を子育てに生かせるようにしていこうという発想に到達する人も多いのが実情となっている。

 小児科に移ることを選んで現場で様々な子供の症例に接していくことで、自分の子供が体調を崩したときに適切な対応を取れるようにしようと考えるのである。小児科では特定の病気に対して特化するということはなく、子供がかかる病気全般に対して対処できなければならない。病気全般に対する広く深い知識に加えて、小児に特化した注意事項を全て把握しなければならないことから仕事が大変になるのは否めない。しかし、子育てに生かそうという発想が根底にあるので、多少の困難であれば打ち勝って努力できるのである。

 また、結婚してから家庭生活を大切にするために病院に勤めていた看護師が、クリニックに転職することも珍しくはない。クリニックであれば夜勤もなくて休みも取りやすく、家庭生活に支障を来すことなく長く働いていきやすいからである。結婚した時点で小児科に転属して、育児を終えてからクリニックを選ぶというケースも多くなっているのが現状である。